若き日の松尾芭蕉が<京は九万九千(くまんくせん)くんじゆの花見哉(かな)>と詠んでいる。京の春は9万9千の家々から大群衆が花見に浮かれ出る…