西本願寺で演じられた宗祖親鸞の誕生を祝う祝賀能(京都市下京区・南能舞台)

西本願寺で演じられた宗祖親鸞の誕生を祝う祝賀能(京都市下京区・南能舞台)

 西本願寺(浄土真宗本願寺派本山、京都市下京区)の南能舞台(重要文化財)で21日、宗祖親鸞の誕生を祝う祝賀能があった。

 20、21日に営まれた法要「宗祖降誕会(ごうたんえ)」に合わせ明治時代から続く。今年は坂上田村麻呂の武勇や観音信仰を取り上げた「田村」、母子の情愛に着目した「百万」のほか、狂言「延命袋」が演じられた。

 能舞台に向き合う形で建てられている書院(国宝)に観覧席が設けられ、日本最大級の屋外能舞台で繰り広げられる伝統芸能に参拝者が見入っていた。