帝産湖南交通(滋賀県草津市)の路線バスが今年1月、大津市のJR石山駅近くの横断歩道で歩行者と衝突して重傷を負わせた事故で、国土交通省近畿運輸局は21日、65歳以上の高齢運転者に対する特別な指導が不適切だったなどとして、同社に対し20日付で文書警告を行ったと発表した。3カ月以内に改善報告を提出するよう求めた。運転手は事故当時73歳だった。