山中に投棄されていた図書(京都府木津川市山城町神童子)=木津川市教委提供

山中に投棄されていた図書(京都府木津川市山城町神童子)=木津川市教委提供

 京都府南部で図書館所蔵の本とみられる本が大量投棄されていた問題で、京都市教育委員会は20日、投棄された図書のうち京都市立図書館のラベルの付いたものは57冊だったと、市議会教育福祉委員会で報告した。

 11日までに見つかった約750冊のうち、伏見区の3図書館のラベルの付いた57冊が確認された。伏見中央図書館が28冊、向島図書館が28冊、久我のもり図書館が1冊だった。いずれも3年以上前に所在不明になり、全て所蔵図書から除籍されていた。16、19日に木津川市で発見された計135冊の中に、京都市立図書館所蔵とみられるものがあるかは確認中という。

 宇治市や木津川市などで投棄された図書は20日までに、判明分だけで京都、滋賀、大阪の3府県の図書館の約1千冊に上る。