固唾(かたず)をのんで見守る群衆の中には、えたいの知れない光から身を守ろうと傘を差す人さえいる―。19世紀半ば、パリのコンコルド広場で行わ…