【資料写真】海上自衛隊舞鶴地方総監部

【資料写真】海上自衛隊舞鶴地方総監部

 海上自衛隊舞鶴地方総監部は25日、女性隊員にセクシュアルハラスメントをしたとして、補給艦「ましゅう」の30代の男性3等海曹を免職、舞鶴警備隊に所属する多用途支援艦ひうちの30代の男性海曹を停職4カ月の懲戒処分にした、と発表した。

 総監部によると、3等海曹は2020年7月12日、京都府舞鶴市内で後輩の女性隊員の胸などを複数回触るなどした。海曹は19年12月12日、後輩の女性隊員に2度ほおにキスをさせ、唇にもするよう要求した。

 被害者が上司に報告し、判明したという。