【イメージ写真】京都サンガ

【イメージ写真】京都サンガ

 J1京都サンガFCは25日、クラブ内で新型コロナウイルスの陽性者が増えている状況を受け、26日に札幌ドームで予定されていたYBCルヴァン・カップ1次リーグの札幌戦の中止を発表した。代替日は未定。保健所からの指導で、チーム活動を27日まで停止する。

 サンガでは23、24日の2日間でトップチームの選手5人、スタッフ6人がPCR検査で陽性判定を受けた。陰性判定者を対象に25日にも再度検査を実施したところ、新たに選手3人の陽性が判明。これでトップチームの感染者は選手8人を含め計14人となった。