建築史家の研究に基づく安土城の模型(近江八幡市安土町小中・安土城郭資料館)

建築史家の研究に基づく安土城の模型(近江八幡市安土町小中・安土城郭資料館)

安土城復元推進協議会設立総会で意見を交わし合う出席者(近江八幡市鷹飼町)

安土城復元推進協議会設立総会で意見を交わし合う出席者(近江八幡市鷹飼町)

 滋賀県近江八幡市は17日、安土城復元推進協議会設立総会を市内のホテルで開いた。委員ら約20人が現状の課題を整理し、県と協力して安土山の発掘調査再開を国に求める方針などを決めた。

 協議会は、2026年度の築城450周年や、県が本年度から復元を検討していることを受け、連携を強化する狙いで設立。研究者や地元関係者、市議ら16人で構成した。復元には、建築当時の設計図がないことや文化財保護法をはじめとする法律上の制約など課題があるという。
 総会では、会長の小西理市長が「復元に向けて、地道に活動していく」とあいさつ。復元のための情報収集や調査研究を進める方針を決めた。
 委員による意見交換では、「歴史の記録や観光資源化など、復元の目的によって形が変わるので慎重な議論が必要」「地元住民に、歴史的資産として貴重であると知ってもらう取り組みをすべきだ」といった議論があった。