石井国土交通相(左)に大戸川ダムの早期整備などを要望する三日月滋賀県知事=東京都千代田区・国交省

石井国土交通相(左)に大戸川ダムの早期整備などを要望する三日月滋賀県知事=東京都千代田区・国交省

 滋賀県の三日月大造知事は22日、国土交通省で石井啓一国交相と面談し、大戸川ダム(大津市)の早期整備を要望した。ダム建設に必要となる国の淀川水系河川整備計画の見直しについて「国としても進められるようにしたいといった趣旨の答えをもらった」とし、県も下流府県への説明を急ぐ考えを示した。

 面談は来年度の予算編成に向けた中央省庁への政策提案の一環で、生田邦夫県議会議長も同席した。三日月知事は「県として大戸川ダムは早期整備する必要があるという結論を出した。国も検証の上、できるだけ早く次の段階に進めていただきたい」と求めた。

 要望を終えた三日月知事は、石井国交相が「滋賀県からも下流府県に県の考え方を説明してほしい」と述べたことを受け、「すでに担当部局が説明に入っているが、できるだけ早くしたい」と強調した。

 面談では、園児らが死傷した大津市の交通事故を受けた安全対策への支援も要望した。