サッカーJ1京都サンガFCは6日、サンガスタジアム京セラで第7節のG大阪戦を行い、1―1で引き分けた。2連勝はならず、勝ち点を9とした。

 サンガは前半終了間際、左から金子が蹴ったシュート性のボールを、ウタカが右足でコースを変えて先制ゴールを決めた。GK上福元が再三の好セーブを見せていたが、後半13分、ミドルシュートを決められて同点に追いつかれた。同37分からは今季初出場のマルティノスやイスマイラを投入して攻勢に出たものの、勝ち越しゴールを奪えなかった。

 曺監督は