レインボーパトロールで、オープンカーに乗って出発する安藤さん(右)=亀岡市篠町、アル・プラザ亀岡

レインボーパトロールで、オープンカーに乗って出発する安藤さん(右)=亀岡市篠町、アル・プラザ亀岡

京都府亀岡市

京都府亀岡市

 春の全国交通安全運動(6~15日)に合わせ京都府警亀岡署は、アル・プラザ亀岡(京都府亀岡市篠町)でイベントを開いた。サッカーJ1京都サンガFCブランドアンバサダー安藤淳さん(37)を一日署長に迎え、赤色の消防車や青色のごみ収集車など7色の車による「レインボーパトロール」で運動のスタートをPRした。

 イベントは2日にあり、制服姿の安藤さんが「交通事故は歩行者や同乗者への思いやりがあるからこそ減らせる」とあいさつ。仲川琢也署長とオープンカーに乗り込み、7台の車と列になって約3キロ先の同署まで国道9号を走った。

 その後、安藤さんは同店に戻り、チラシと反射材を買い物客に配って事故への注意を促した。