中信杯「第51回全京都学童軟式野球春季大会」の学童の部は、4強がでそろった。9日の準決勝は京都市伏見区の伏見桃山城運動公園野球場で新林・大枝イーグルス連合―嵯峨野シルバー、加茂フレンズ―北白川ベアーズが行われる。4チームの選手などを紹介する。

 ついに、これまでの最高成績を超え、初の4強入りを果たした。

 準々決勝でも守備からリズムよく攻撃につなげる持ち味を変わらず発揮し、危なげない試合運びで勝利をつかんだ。

 「練習から常に試合を意識している」と堀江監督。「ここで終わらない。あとは選手一人一人の気持ちで戦う」と引き締める。