京都市上空に現れた環水平アークと見られる大気現象(11日午後0時1分、京都市中京区・烏丸通竹屋町から南を望む)

京都市上空に現れた環水平アークと見られる大気現象(11日午後0時1分、京都市中京区・烏丸通竹屋町から南を望む)

上空に現れた環水平アークとみられる大気現象(11日午前11時59分、京都市中京区・京都新聞本社屋上から南を望む)

上空に現れた環水平アークとみられる大気現象(11日午前11時59分、京都市中京区・京都新聞本社屋上から南を望む)

太陽の周りにかかった光の輪(11日午後0時、京都市中京区)

太陽の周りにかかった光の輪(11日午後0時、京都市中京区)

 京都市内で11日、上空に虹色に光の帯が広がる「環水平アーク」とみられる大気現象が確認された。

 午前11時55分頃、京都市中京区の京都新聞本社屋上からは、南の上空にくっきりと虹色の帯が広がり約20分間ほど確認できた。

 環水平アークは、薄雲内の氷や水滴に太陽光が屈折して起こる現象。太陽の周りには光の環のような現象も現れ、驚いた様子で空を見上げる通行人もいた。