滋賀県草津市の名神高速道路で24日に大型観光バスが渋滞最後尾に突っ込み4台が絡み、17人が死傷した玉突き事故で、衝突地点手前に大型観光バスのものとみられるタイヤ痕があったことが25日、滋賀県警高速隊への取材で分かった。同隊は、バスの運転手(52)=自動車運転処罰法違反(過失傷害)で逮捕=が、前方不注意で渋滞に気づくのが遅れ、急ブレーキを踏んだが衝突を回避できなかったとみている。

 同隊によると、バスが渋滞最後尾で停止していたワゴン車に追突した地点の手前に、タイヤ痕が残っていた。バスは追突後、右に斜行して追い越し車線上で停止しており、バス運転手が右にハンドルを切ったとみられる。同隊は、バス運転手の容疑を過失致死傷に切り替え、バスから前方を写したドライブレコーダーを解析し、裏付けを進める。

 同隊によると、ワゴン車に乗っていて死亡したのは奈良県大和高田市の会社員女性(58)、意識不明の重体になっているのは孫で同市の小学1年の女児(7)。他、同乗の10人全員が重軽傷。ワゴン車が追突した軽乗用車の女性、さらに1台前の乗用車の男性と女性、バスの中国人2人も軽傷を負った。

 同隊の説明では、ワゴン車には3家族12人が乗っていた。重体女児の母親(29)が運転し、福井県の親戚宅に向かっていたという。