市営地下鉄四条駅のホームドアに飾られた障害者支援施設「DO」の利用者の絵(京都市下京区)

市営地下鉄四条駅のホームドアに飾られた障害者支援施設「DO」の利用者の絵(京都市下京区)

 京都市営地下鉄烏丸線四条駅のホームドアに、知的障害のある人たちの描いた絵が飾られている。感性を生かして絵筆を滑らせた作品10点に、乗客たちが興味深そうに目を向けている。

 利用者の手掛ける作品をより多くの人に見てもらおうと、城陽市の障害者支援施設「DO」が企画し、広告物として掲示。40~70代の10人が手掛けた作品を飾った。

 船やヨットが浮かぶ琵琶湖、友人たちの顔を無数の筒に描いた絵、ベートーベンの肖像画を独特なタッチで描いた作品などが並ぶ。施設長の白樫孝さん(56)は「駅利用者が楽しい気分になってくれれば」と話す。6月6日まで。