炭火で焼いたニジマスを眺める子どもたち(米原市上丹生・醒井養鱒場)

炭火で焼いたニジマスを眺める子どもたち(米原市上丹生・醒井養鱒場)

 ビワマスやイワナを味わう催し「新緑ます祭」が26日、滋賀県米原市上丹生の醒井養鱒場で開かれた。焼き魚や魚フライの販売、魚釣りがあり、大勢の家族連れでにぎわった。

 マス類のおいしさや養殖場の取り組みを知ってもらおうと、同施設が2011年から毎年開催している。

 会場ではビワマスのみそ汁が無料で振る舞われたほか、ニジマスのフライやビワマスの炭火焼き、イワナの甘露煮などが販売され、来場者はそれぞれの魚の味を堪能した。

 ニジマス釣りができるコーナーでは、子どもたちが体長20~40センチの魚を釣り上げ、歓声をあげた。渋川小3年の男児(9)=草津市=は「大きい魚が釣れて気持ちよかった」と話した。