先制点を決めて喜ぶ立命大のMF田中(ならでんフィールド)

先制点を決めて喜ぶ立命大のMF田中(ならでんフィールド)

 サッカーの天皇杯は26日、ならでんフィールドなどで1回戦15試合を行い、立命大(京都)は2―1でJFLの奈良クラブ(奈良)に競り勝った。2回戦は7月3日にニッパツ三ツ沢球技場でJ1横浜Mと対戦する。

 立命大は前半17分にMF田中(京都サンガU―18出身、立命館宇治高出)が先制点を奪い、同ロスタイムにFW延が追加点を挙げた。前半終了間際にGKが退場したが、後半を1失点でしのいだ。