来春に「学舎制」などが導入される京都府北部の高校再編について保護者や教員らでつくる「丹後・与謝の高校再編問題を考える会」が27日、生徒や家庭の負担が増えないことなどを求める要望書を府教育委員会に提出した。

 府北部では来春に宮津天橋(みやづてんきょう)高(現宮津高と加悦谷高が統合)と丹後緑風(りょくふう)高(網野高と久美浜高が統合)が開校し、通常は旧校で学び定期的に交流する学舎制が始まる。また峰山高弥栄分校、宮津高伊根分校、網野高間人分校が統合した昼間定時制の「清新高」が弥栄分校に新設される。

 要望書では学舎制について旧高校間で部活動を合同実施する際、移動で経費負担が増えかねないと指摘。負担増にならない対応策のほか教員配置の充実や通学用の公共交通機関の確保なども要請した。

 京都市下京区の府教委で会のメンバーが要望書を提出した。応対した山本真也教育監は「計画された部活動にはバスを用意する。生徒に良い教育を進める」と説明した。