昭和初期に京都帝国大医学部の金関丈夫助教授が遺骨を持ち出した百按司墓。現在も墓にまつられた人の子孫らが拝礼に訪れる(2018年、沖縄県今帰仁村運天)

昭和初期に京都帝国大医学部の金関丈夫助教授が遺骨を持ち出した百按司墓。現在も墓にまつられた人の子孫らが拝礼に訪れる(2018年、沖縄県今帰仁村運天)

 琉球遺骨返還訴訟 戦前に旧京都帝国大医学部が研究目的で国内各地の少数先住民族などの人骨を収集。そのうち昭和初期に、沖縄県今帰仁村の古墳「百按司(むむじゃな)墓」から持ち出された遺骨の返還などを求めて、被葬者の子孫とされる住民ら京都大を相手取り、2018年12月に京都地裁に提訴した。訴訟では、原告側が主張する遺骨の所有権の有無や、百按司墓の「祭祀承継者」に原告が該当するかどうかが主な争点となった。同様の訴訟は、北海道のアイヌ民族の遺骨返還を巡り、民族団体が北海道大を訴えた裁判が、札幌地裁や旭川地裁などで和解が成立している。