滋賀県

滋賀県

 滋賀県立図書館は22日、本年度の図書納入業者を選ぶ一般競争入札で書類確認に不備があり、業者決定の結果を取り消したと発表した。


 落札業者が入札時に提出した書類の作成日が、入札できる期間外の日付になっていたという。契約の段階で同館職員が気付いた。また、県の規則で落札者の決定から7日以内に契約を結ばないといけないが、守られていなかった。

 県側のミスだったため、再入札で業者が決まるまでは、今回取り消しになった業者に随意契約で本を納入してもらうとしている。