京都府宇治市役所

京都府宇治市役所

京都府宇治市

京都府宇治市

 京都府宇治市は25日、市巨椋ふれあい運動ひろば(伊勢田町)で市内在住・在勤・在学以外の人たちが使用した際、誤って2倍の料金を徴収していたと発表した。過大徴収は14年間で55万9050円に上る。

 市によると、2008年度に市運動施設に新たな予約システムを導入した際、同ひろばの使用料は居住地などに関係なく同一にもかかわらず、誤って使用料を2倍に設定した。本年度、市運動施設の利用手引を新しく作る中で、誤徴収が判明したという。

 地方自治法の規定により、過去5年間(17年4月~22年4月)に誤徴収した14団体・個人の212件、32万8050円が返還対象となる。

 市は「再発防止策として市、指定管理者で規則などの確認、順守を徹底する」としている。