滋賀県警本部

滋賀県警本部

 知人女性に無理やりキスするなどしたとして、滋賀県警の30代男性巡査長が減給100分の10(6カ月)の懲戒処分を受けていたことが28日、県警監察官室への取材で分かった。処分は4月25日付。

 同室によると、巡査長は3月5日夜、勤務時間外に知人ら数人と県内で飲酒し、女性と2人きりになった際に無理やりキスをするなどのわいせつな行為したという。

 同室の説明では、同11日に女性が県警に相談し、発覚した。巡査長は事実関係を認め、「酒に酔ってやってしまった。反省している」などと話しているという。

 堀池悟監察官室長は「誠に遺憾であり、厳正に処分した」などとコメントしている。