京都地裁

京都地裁

 京都の大学生らで構成するスカウトグループが女性に高額の借金を負わせ、性風俗店への紹介を繰り返したとされる事件で、職業安定法違反(有害業務の紹介)の罪に問われたグループ代表の男(24)ら男6人の判決が29日、京都地裁であった。入子光臣裁判長は、代表の男に懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡した。

 起訴状によると、スカウト役の同志社大生らと共謀して2017年3月~18年3月、京都市内の20代の女性ら計4人を大津市などの性風俗店に紹介し、雇い入れさせた、としている。