伐採されたメタセコイアの切り株(京都市北区・原谷中央公園)

伐採されたメタセコイアの切り株(京都市北区・原谷中央公園)

かつてあった洛北開拓農業協同組合の事務所。右側にメタセコイアの木が写っている(1987年、前原さん提供)

かつてあった洛北開拓農業協同組合の事務所。右側にメタセコイアの木が写っている(1987年、前原さん提供)

 戦後、国策による開拓が行われた京都市北区原谷地区で、70年ほど前からあったとされる2本のメタセコイアが伐採されていたことが分かった。メタセコイアは開拓地から住宅地へと変貌する同地区を見守り続けた木として住民から親しまれてきた。開拓者家族の一人は「切る前に相談してほしかった」と落胆を隠さない。


 伐採されたメタセコイアは、原谷中央公園にあった3本のうちの2本。地元在住で1948年に一家で入植した前原英彦さん(87)によると、3本は50年代前半に中国から贈られた木で、旧満州(中国東北部)から引き揚げた経験を持つ地区住民に愛された。


 メタセコイアは開拓者でつくる洛北開拓農業協同組合の事務所北西側にあった。しかし、宅地化に伴い農業に従事する人が減少し、2008年に組合は解散を決議。組合事務所のあった一帯は京都市に寄贈され、原谷中央公園として10年に開園した。


 3本のうちの2本が京都市の請負業者によって切り倒されたのは3月下旬。市北部みどり管理事務所によると、落ち葉が多く住民からの苦情が寄せられていたことや、メタセコイアに隣接して植えられている「区民の誇りの木」のソメイヨシノの成長に影響を及ぼしていることから伐採が決まったという。


 自身も旧満州からの引き揚げ者で、近隣住民による連絡で伐採を知った前原さんは「申し訳ないではすまされないが、今となっては切ってしまったものは仕方がない」と肩を落とす。


 残るメタセコイアの前方に、木の由来を記した案内板を立てることで市北部みどり事務所とは合意したといい、前原さんは「最後の1本が長く残るようにしてほしい」と話す。