作家の澤田瞳子さんが、平安末期の京を舞台にした短編集「漆花(しっか)ひとつ」を刊行した。「自分ではどうしようもない状況の中、それでも懸命に…