設置されたボルダリングウオールを試す子どもたち(京都府城陽市寺田・文化パルク城陽)

設置されたボルダリングウオールを試す子どもたち(京都府城陽市寺田・文化パルク城陽)

 京都府城陽市寺田の文化パルク城陽にある小学生まで対象の遊戯施設「プレイルーム」に、ボルダリングウオール(壁)が設置された。最大2・6メートルまで壁を登れるほか、乳幼児がつかまり立ちや伝い歩きの練習をすることもできる。6月1日から使えるようになる。

 施設を管理する城陽市民余暇活動センターが設置した。幅7・1メートルにわたって、手や足を掛けるプラスチック製のホールドを取り付けた木の板を固定した。乳幼児向けに、ホールドの間隔を狭くした箇所も設けた。

 ボルダリングは2020年東京五輪の正式種目に採用され、近年、注目が高まっている。色とりどりのホールドは見た目にも楽しく、同センターの西山和彦総務部長は「指先など手足全体を使う運動を楽しんでほしい」と話している。

 午前9時~正午、午後1時~同5時で、月曜休館(祝日と重なる場合は開館で、翌日休館)。土日曜と祝日の午後は、乳幼児と小学生で利用時間を分ける。無料。