エネルギー革命を受け主力の火鉢の需要が激減した1950年代後半、陶産地の信楽は苦境に立たされていた。次代へ活路を見いだそうと注目したのはク…