今年7月の祇園祭・後祭で山鉾巡行への本格復帰を目指す鷹山(京都市中京区)が5月4日、京都府京丹波町で試し曳(び)きを行った。新調された水引などの懸装(けそう)品で飾られ、祭りのお囃子(はやし)が響く中で山が動くのは、196年ぶり。関係者たちを祝うような青空の下、巨大な山が動くまでを、写真で追った。