J1京都サンガFCは6日、トップチームの選手1人が新型コロナウイルス検査で陽性判定を受けたと発表した。

 同日朝に37・8度の発熱があり、PCR検査で陽性が判明した。他のトップチーム関係者51人はクラブ独自の抗原検査を受けた結果、全員陰性と判定された。クラブによると、Jリーグ独自基準による濃厚接触疑いの者はいないという。