京都新聞の新デジタルメディア「THE KYOTO」で、禅語をテーマにしたエッセーを連載中の作家いしいしんじさんが6月4日午後2~4時、京都新聞社(京都市中京区)サロンルームでトークイベント「いしいしんじの『禅語』を読む」を始める。THE KYOTO主催。
 いしいさんは2020年6月から連載を始め、5月13日の公開分で86回を数える。「主人公」「雨滴声」「おっくう」「左右逢源」「雪月花」などさまざまな禅語を取り上げ、独特の視点から人間や世界を語る。
 トークイベントでは前月に取り上げた「禅語」をより深く語るほか、いしいさんが「禅的」と感じる人物を取り上げる。初回はジョン・レノン。いしいさんは「喉の奥に、昆虫や鳥や犬の声、せせらぎ、陽光、潮騒、天体の回転する無音の音を、飼っていた人物」と表現する。
 6月以降、毎月第1土曜日に定期的に開く予定。参加できるのは京都新聞デジタルのTHE KYOTOプランかフルプラン、購読者プランに加入している人。初回は参加費無料。応募多数の場合は抽選。当選者にはメールで連絡する。応募は下の申し込みフォームから。