大津地裁

大津地裁

 滋賀県栗東市のガソリンスタンドでアルバイトの男性を刃物で脅し、現金を奪ったとして、強盗致傷の罪などに問われた大阪市淀川区の無職男(36)の裁判員裁判の初公判が10日、大津地裁(大森直子裁判長)で開かれ、男は「私は実行犯ではない」と起訴内容を否認した。

 検察側は冒頭陳述で、「事件後、男は知人男性に30万7千円分の大量の千円札と硬貨の両替を依頼し、携帯電話でニュースの動画を見せて自分が犯人であることを暗に認める発言をした」と指摘した。

 弁護側は、「男は車で知人を現場近くまで連れて行っただけで、(強盗致傷の)実行行為はしていない」と主張した。

 起訴状によると、被告の男は2019年10月15日午前0時20分ごろ、栗東市のガソリンスタンドで、閉店作業中のアルバイト男性を押し倒して肩などに軽傷を負わせ、刃物で脅して事務所内の金庫から現金約186万円を奪った、としている。