過労死防止学会で報告する松本さん(京都市伏見区・龍谷大)

過労死防止学会で報告する松本さん(京都市伏見区・龍谷大)

 コンビニの24時間営業見直し議論のきっかけをつくった大阪府東大阪市のセブン-イレブンオーナー松本実敏さん(57)はこのほど、京都市伏見区の龍谷大であった過労死防止学会で登壇し、新しいコンビニ業態をつくる必要性を力説した。

 松本さんはアルバイトの確保に苦労した経験を話し、「自分で午前8時から午後8時まで働いた後、午後10時からのアルバイトの欠勤で急きょ午前6時までのシフトに入り、そのまま午前8時から午後8時まで働くことも。1日22時間の仕事とかが何回もあった」と明かした。

 深夜早朝の営業をやめて本部と摩擦が生じたことが報道されると全国から励ましが相次いだという。「疲弊しきったオーナーたちが本部の圧力から放たれ、過労死レベルの労働を課せられることがないよう手を取り合っていきたい」と語った。

 学会では、コンビニ加盟店ユニオン副執行委員長の高橋義隆さんも講演。「労働の法規制から外れた存在のオーナーを守るため、フランチャイズに関する規制が必要だ」と述べた。