安曇川でアユ釣りを楽しむ釣り人(2015年6月13日撮影、滋賀県高島市)

安曇川でアユ釣りを楽しむ釣り人(2015年6月13日撮影、滋賀県高島市)

 滋賀県河川漁業協同組合連合会(大津市)は、県内河川の今季のアユ友釣り解禁について、最も早い場所で6月1日と発表した。琵琶湖から遡上(そじょう)する天然アユのサイズは例年より大きめという。

 1日に解禁するのは野洲川と朽木の2漁協で、昨季より2週間前倒しした。他の12漁協は6月8日から7月14日にかけて解禁する。河川漁連は各河川に計7・6トンのアユを放流する見通し。昨年秋に1漁協が解散した影響などで、昨季より0・8トン減らす。

 河川漁連は「今年は川の水温が高くアユが順調に育ち、良好な環境だ」としている。遊漁料や遊漁期間など、詳しくは河川漁連ホームページで。

 各漁協の友釣り解禁日は次の通り(かっこ内は河川名。○は予定)

 【6月】1日=野洲川(野洲川中流)、朽木(安曇川中流)▽8日=広瀬(安曇川下流)▽15日=○土山(野洲川上流)、愛知川(愛知川中流)▽22日=愛知川上流(愛知川上流)▽29日=大戸川(大戸川)、葛川(安曇川上流)

 【7月】6日=○大滝(犬上川上流)▽7日=○姉川上流(姉川上流)、○高時川(高時川中流)、○丹生川(高時川上流)▽13日=○杉野川(杉野川)▽14日=高島鴨川(鴨川)