高齢ドライバーの交通事故対策などを柱とする改正道交法が13日施行された。一定の違反歴がある75歳以上を対象に、運転免許の更新時に「運転技能検査(実車試験)」を義務づける。身体能力や判断力の衰えによる操作ミスや事故を防ぐのが狙い。併せて、事故を回避する機能を搭載した「安全運転サポートカー(サポカー)」だけを運転できる限定免許制度もスタートする。

 実車試験は、