新型コロナウイルス感染症対策の「まん延防止等重点措置」の解除で3年ぶりに行動制限のなかったゴールデンウイーク(GW)。湖北地域の行楽地ににぎわいが戻ってきた。長浜市の人気観光スポット「黒壁スクエア」では昨年の2・7倍の約13万人が訪れ、宿泊施設も満室状態が続くなど明るい兆しが見え始めた。一方、貸し切りバス業界は団体客の回復までには遠く、感染の収束を願うばかりだ。

 「行動制限がなくなったことで出歩ける雰囲気が