京都サンガFCの下部組織出身で、トップチームでも切れ味鋭いドリブルを披露した伊藤優汰さん(29)=大津市=が、京都や滋賀でドリブル専門スクールを運営している。下部組織の頃から将来を嘱望された“天才ドリブラー”だが、プロ入り後は自身への厳しさを欠いた時期もあった。誘惑に勝てず、J1を経てJ3や社会人クラブへと移り、第一線を退いた。スクールでは、技術指導はもとより、自分の弱さや失敗を隠さず子どもたちに語り、挑戦し続ける大切さを伝えている。