1日午後1時45分ごろ、京都市上京区幸神町の空き家で片付けをしていた男性(19)から「不発弾らしき物を発見した」と110番があった。

 上京署によると、直径6・5センチ、長さ25センチ。空き家の庭で見つかった。砲弾のような形をしており、全体がさびついているという。同署は周辺住民に避難を呼び掛け、交通規制をした。約4時間後、陸上自衛隊不発弾処理隊が回収した。