春の近畿大会を制し喜ぶ近江ナイン(奈良県橿原市・佐藤薬品スタジアム)

春の近畿大会を制し喜ぶ近江ナイン(奈良県橿原市・佐藤薬品スタジアム)

 高校野球の春季近畿地区大会は2日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで決勝を行い、近江が延長十一回の末、7―5で神戸国際大付(兵庫)を破り優勝した。近江の優勝は2003年以来16年ぶり2度目。

 4―4で延長に入った。近江は十一回表、1死満塁の好機に5番板坂が二塁打を放って3点を勝ち越した。十一回裏に1点を返されたが、先発の左腕林が粘投を見せ、競り勝った。