12月6日に開業する「イオンタウン山科椥辻」のイメージ図

12月6日に開業する「イオンタウン山科椥辻」のイメージ図

 流通大手イオン系列のショッピングセンター(SC)「イオンタウン山科椥辻」が12月6日、京都市山科区椥辻に開業する。昨年閉店した「グルメシティヒカリ屋山科店」を建て替える。食料品を充実するほか、ジムやプールを備えた施設も今後オープンする計画で、健康増進も集客の柱として位置付ける。


 3階建て延べ約1万4千平方メートル。専門店が22店入り、このうち12月にカフェレストラン「ベビーフェイスプラネッツ」、コロッケが人気の精肉店「京都嵐山中村屋」、食パンの「一本堂」、100円ショップ「ダイソー」などが開店する。
 核テナントのスーパー「イオンフードスタイル山科椥辻店」は、総菜を取りそろえ、売り場の4割を「中食」関連にする。来年6月には「スポーツクラブルネサンス」が営業を始め、近くの京都橘大とも連携し健康相談会なども催す。
 運営するイオンタウン(千葉市)の加藤久誠社長は「SCの役割は近年変わってきた。モノを売るだけでなく、体験や憩いの場としての機能も提供したい」と話した。