社頭の儀に臨む神職ら(15日午前、京都市左京区・下鴨神社)

社頭の儀に臨む神職ら(15日午前、京都市左京区・下鴨神社)

 京都三大祭りの一つ葵祭の「社頭の儀」が15日午前、京都市左京区の下鴨神社で行われた。勅使が天皇陛下から託された御幣物(ごへいもつ)を供え、国家安泰を祈願する神事。午前11時すぎ、勅使が舞殿へ上がり、紅色の紙に書かれた祭文(さいもん)を読み上げた。関係者約350人が見守った。

 新型コロナウイルスの影響で、平安装束による行列行事「路頭の儀」は3年連続で中止となった。午後には上賀茂神社(北区)で「社頭の儀」が行われる。