野球の春季京都府高校大会は15日、わかさスタジアム京都で決勝が行われ、西城陽が4―2で東山に競り勝ち、初優勝を果たした。西城陽が府大会を制するのは1994年夏の全国高校選手権京都大会以来となった。21日に和歌山市の紀三井寺球場で開幕する近畿大会に出場する。

 東山の右腕橋本は2巡目から相手打線につかまり、逆転を許した。1993年以来の優勝を逃し、エースは「夏はピンチで…