仏画や風刺画などの大津絵が並ぶ会場(大津市唐橋町・料亭「あみ定」)

仏画や風刺画などの大津絵が並ぶ会場(大津市唐橋町・料亭「あみ定」)

 大津市の大津絵アーティスト佐藤実真(みつまさ)さん(60)の作品展「世界平和 祈りの大津絵展」が、同市唐橋町の料亭「あみ定」フロントギャラリーで開かれている。

 大津絵は江戸時代初期に大津の宿場町で描かれ発展した庶民向けの絵画。ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、絵に触れて心の安らぎを感じてほしいとの思いから開催した。

 仏画を中心に約30点を展示。塗り笠をかぶり藤の枝を持つ娘の姿を描いた「藤娘」、軽妙なタッチで描かれた「鬼の念仏」など、目を引く作品が並ぶ。

 作品は購入もでき、売り上げの一部は国連児童基金(ユニセフ)を通してウクライナ避難民に寄付する。6月12日まで。入場無料。火曜休み。