絶滅危惧種のグレビーシマウマ(京都市動物園提供)

絶滅危惧種のグレビーシマウマ(京都市動物園提供)

グレビーシマウマから作製したiPS細胞(亀井准教授提供)

グレビーシマウマから作製したiPS細胞(亀井准教授提供)

絶滅危惧種であるグレビーシマウマで人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作製することに京都大などのグループが成功した。iPS細胞は再生医療や創薬への応用が期待される一方、希少動物の生殖細胞に変化させるなどして「種の保全」に役立てようとする動きもある。今回の研究はその一環だ。

 iPS細胞は、京大の山中伸弥教授が2006年にマウスで、07年にヒトでそれぞれ作製したと発表。これまで哺乳類ではニホンザルやチンパンジー、ウマ、サイなど約10種で作製が報告されている。

 京大物質―細胞統合システム拠点の亀井謙一郎准教授らは京都市動物園(左京区)で死亡したグレビーシマウマから皮膚片を採取。ヒトのiPS細胞を作る時と同じ四つの遺伝子をふりかけてiPS細胞を作製した。培養すると安定的に増殖し、14日後には神経や筋肉などのもとになる外胚葉や中胚葉、内胚葉に変化させることに成功した。さらにヒトのiPS細胞に欠かせない特定の遺伝子も見つかり、種を超えて共通している特徴も確認できたという。

 亀井准教授は「将来的に種の保全に生かせるかもしれない。動物の違いによる特徴を比べることでiPS細胞そのものの理解にもつなげたい」と話している。成果は米科学誌に掲載された。