新型コロナウイルス禍で訪日観光客らが消えた京都市内で、使われなくなったお茶屋やゲストハウスが地元向けの施設に生まれ変わりつつある。仕掛け人は、コロナ前の「お宿バブル」とは距離を置いていた若者たち。「若い人が頑張れる場所を」「地元の人と旅行者が交流できる空間を」―。そんな思いで空き物件の再生に動く。

 花街・宮川町(東山区)で長くお茶屋として使われてきた町家に