在日コリアンが多く暮らす京都府宇治市伊勢田町のウトロ地区で空き家に放火し、建物7棟などを燃やしたとして、非現住建造物等放火などの罪で起訴された無職の男(22)=奈良県=の初公判が16日、京都地裁(増田啓祐裁判長)であった。被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 起訴状では、被告は昨年8月30日、ウトロ地区の空き家に火をつけ、民家など計7棟を全半焼させたとしている。また、昨年7月に在日本大韓民国民団愛知県本部などに放火したとして、建造物損壊と器物損壊の罪でも起訴されている。

 ウトロ地区の被害者を支援する弁護団などが16日、有本匠吾被告(22)の初公判を受けて京都市内で記者会見を開いた。「事件を引き起こしたのは