第75回カンヌ国際映画祭の開幕上映に参加し、拍手に包まれる竹原芳子さん(中央)=17日、フランス・カンヌ(共同)

 第75回カンヌ国際映画祭の開幕上映に参加し、拍手に包まれる竹原芳子さん(中央)=17日、フランス・カンヌ(共同)

 【カンヌ共同】第75回カンヌ国際映画祭が17日(日本時間18日未明)、フランス南部カンヌで開幕した。コンペティション部門に是枝裕和監督の韓国映画「ベイビー・ブローカー」が出品され、他の20作品と最高賞「パルムドール」などを競う。映画祭は28日(同29日)まで。

 開幕上映は大ヒットした日本映画「カメラを止めるな!」をリメークした、フランスのミシェル・アザナビシウス監督による「キャメラを止めるな!」が飾った。ゾンビ映画を撮影することになった監督らを描くコメディーで会場は爆笑に包まれた。

 両作品に出演した竹原芳子さんもレッドカーペットを歩き、上映会に参加した。