漏水が起きている「明治用水頭首工」上流の様子=17日、愛知県豊田市水源町(同県提供)

 漏水が起きている「明治用水頭首工」上流の様子=17日、愛知県豊田市水源町(同県提供)

 愛知県は18日、川をせき止めて用水を取り込む施設「明治用水頭首工」(同県豊田市)で起きた大規模漏水で、県内の自動車関連企業など131事業所への工業用水提供が停止する可能性があると明らかにした。給水地域は豊田市や岡崎市など9市3町。トヨタ自動車関連企業が集まっており操業への影響が懸念されている。

 県によると、工業用水は部品の冷却や洗浄などに使われる。トヨタ自動車は「井戸水の活用などで18日は工場の稼働を続ける」と説明。同社グループの主要部品メーカー、デンソーは「工場で工業用水を使用しているが、貯蔵水を活用しているので生産活動に影響はない」としている。