奈良県

奈良県

 京都府は18日、府域と隣接する奈良市で死んでいた野生のハシブトカラス1羽から、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。検査を行った奈良県から連絡を受けた。環境省が今後、高病原性かどうか確認するという。

 府によると、府県境付近の奈良市側でハシブトカラス2羽が死んだ状態で見つかったという。同省は発見地点から半径10キロ圏内を野鳥監視重点地域に指定。府は特定家畜伝染病防疫指針に基づいて半径3キロ圏内に入る府内の養鶏者5戸を調査し、異常がないことを確認したという。