京都府警南署

京都府警南署

 18日午後0時半ごろ、京都市南区の久世橋通西小路交差点で、京都府警機動警ら課のパトカーに追跡されていた乗用車が、信号待ちの男性(69)の軽乗用車に接触し、そのまま逃走した。けが人はなかった。南署が道交法違反(あて逃げ)事件として調べている。

 府警によると、事故の直前に南区で盗難車が走っているのをパトカーが気づき、停車を求めたが逃走したため、サイレンを鳴らして追跡。軽乗用車に接触した後も信号無視などを繰り返して逃げたため、危険と判断して計3・3キロ追跡した地点で追跡を中止したという。

 機動警ら課の川上義洋次席は「現時点では適正な追跡行為だったと考えている。事故が起こったのは残念」と話している。