大規模な漏水が発生した「明治用水頭首工」で行われた仮設ポンプによる取水作業=18日午前、愛知県豊田市(共同通信社ヘリから)

 大規模な漏水が発生した「明治用水頭首工」で行われた仮設ポンプによる取水作業=18日午前、愛知県豊田市(共同通信社ヘリから)

 愛知県豊田市の取水施設「明治用水頭首工」の大規模漏水で、東海農政局は19日、矢作川から取水する仮設ポンプを18日の25台から増設し、供給を続けている工業用水の確保を急いだ。

 農業用水の給水は停止しており、農政局は工業用の水確保を優先。ポンプを40台以上に増設し、これにより必要な水量は確保できるとしている。

 農政局によると、施設の上流部と下流部の川底にそれぞれ穴が見つかり、双方を結ぶ水の通り道が地下にできたことで漏水した可能性がある。復旧のめどは立たず、同局は穴を埋めるなどの対策も早急に検討する。

 漏水は15日に確認され、その後範囲が拡大した。